コロンビア大学の教授?

ピザをたいらげ、地下鉄へ向かっていると、近くのベンチで昼寝をしていたおじさんに「日本人?」と声をかけられた。怪しさ満点。あまり関わらないようにしなきゃ…。

おじさん : 日本のどこの出身?
みおたん : 南の方の島(たいてい大分と言っても普通は知らないので、このように答えます)
おじさん : なんていう都市?
みおたん : (どうせ知らないだろうけど…仕方ないので答えてやろう)大分
おじさん : あ~、大分は別府がある県でしょ?

お!知ってるんだ!

みおたん : 行ったことがあるの?
おじさん : 1年半前にいったんだよ。赤い地獄とか青い地獄とかあったね。

うはー。思いっきりみおたんの地元の話しじゃん!

しばらく立ち話をした後、「食べたばかりっぽいからお腹すいてないだろうけど、お茶でもどう?」と誘われ、3日連続Whole Foodsへ…。そしてこのホームレス風のこのおじさん、実はコロンビア大学の教授であることが判明!びっくり!

この後、このおじさんはいろんな予定があるようで、夜の9時過ぎには時間があるようです。
「ディナーでもどう?」と誘われましたが…。一人だとレストランとか入られないから連れて行ってもらえるならうれしいかも、と思ったものの、「9時半に、家においで?」という誘いはちょっとねぇ…。

2 comments:

yukako said...

彼は本当に教授だったのでしょうか?そうだとしてもその時間のお誘いは・・・断っていいでしょう。

mio_bella said...

帰ってネットで調べてみました!確かにコロンビア大学の教授だという記載がありました。
だからといって、この時間のお誘いはねぇ。Andersonよりハンサムで若い教授ならちょっとは考えたかも?