国連(済)


朝一番に向かった先は、国連。知っているようでよく知らないこの組織について少し学びましょう。ツアーに参加していろいろな場所を見て回りました。ガイドはイスラエル人です。ガイドがいるっていいね。しっかり理解できるわ。

① 国旗

ガイド:国連の前の国旗はアルファベット順に並んでいます。さて、1番の国はどこでしょう?

すると、グループの中にいた小学生くらいの男の子がこういった。

男の子:アジア!
 母親:それは大陸だよ…。
男の子:じゃ、アフリカ!
 母親:それも、大陸…。

正解はアフガニスタンでした。


② 絵


スペインの画家(名前は聞き取れなかったし覚えられなかった~)から寄贈された絵






左のほうは、ホロコーストを表し、










真ん中の絵は国連設立を表し、





右の絵は未来の平和な世界の姿。






説明がないとただ素通りするだけだろうなぁ。ということは、これまでたくさんの美術館に行ってきたけど、オーディオガイド使うべきだったのかしら。


③ Security Council

ここでの説明は割りと知っていることばかりでしたが、実際にこの場所でいろんな決議が採択されてると思うと、感慨深くなりました。ちなみに、「写真はカメラを使う限り、好きなだけ撮ってね」ということなので、ガンガン撮っていました。ただ、携帯のカメラ使用は禁止らしいです。

④ Economic and Social Council
10人に1人しか知らないといわれるこの組織についていろいろ学びました。UNICEF, UNESCO, Medecins Sans Frontieresなどなどを管轄しているようです。とにかく、人々の生活にかかわる全ての組織の財源はココらしく、世界中でここよりも大きな組織はないそうです。

ガイド:Internetを使って今日の天気を調べた人もいるでしょ?Internetをどのように使うかもココで決まってるんだよ。今日歩いてきたら、たくさん信号があったでしょ?それもココが管理してるんだよ。

へぇ~。帰ったらもうすこし詳しく勉強しよう。


⑤ 地雷
地雷のことは知っていても、実物を見たのは初めてと思う。そして、作るのには$3、見つけるのに$1,000以上かかる、と具体的な数値を聞いてちょっと驚き。分かっているんだけど、改めて聞くと衝撃てきですね。



解散した後、国連の郵便局から日本へハガキを数枚投函しました。アメリカにあるけど、アメリカの土地ではないため、国連の切手が売られ、国連の消印が押されるようです。ローマにあるバチカン郵便局みたい。

2 comments:

yukako said...

そうでした、そうでした。人間って(私だけ!?)すぐ忘れるのよね。見て聞いて理解したのに。みおたんのおかげで国連のこの説明しっかり思い出しました。みおたんが行ったときは安保理の部屋も見られたんだね。
国連見学はNYに言ったらぜひ行くべきところのひとつだと思います。地球人のひとりとして・・・

mio_bella said...

私もすぐ忘れてしまいます。3歩歩けば忘れます…。

グーグルの職員か創立者か忘れてたけど、こう言っていました。

「地球上のあらゆる情報を所有するのが我々の目的です。時には人々の記憶からもなくなってしまった情報まで所有しているかもしれません。

もしかしたら、手書きのジャーナルは紛失してしまうかもしれないけど、ここのブログはずっと残り続けるのでしょうね。